古本の価格とお店の役割

古本の値段が安すぎる場合、本当にその本が欲しいと思っている人が購入できなくなる可能性が高いです。正しい値段を付けているからこそ、その本が本来おかれるべき店にあってこそ、心の底から欲しいと願う人の手に渡ると思います。

特定のジャンルの専門店では、販売価格が高いのが当たり前です。高すぎると思う人も多いでしょうが、本を探している人は値段が高かろうと専門店を選びます。高くても専門店なら自分が求めている本を手に入れられる可能性がはるかに高いからです。

こういった専門店が、これからも専門店として経営を続けていくためには、常に一定以上のレベルを保った品揃えをしておく必要があるでしょう。それには市場で高く仕入れなければならない場面も出てくると思います。仕入れ値が高ければ販売価格も必然的に高くなりますから、古本買取するのは高値で売ることが出来るものに絞られます。専門店での売り値が高くなる理由の一つに、ある程度の期間その古本を置いておくための収益が考慮されています。なぜならこの方が、本当にその本を欲しがっている人に売ることができる可能性が上がるからです。そういうわけで、専門店であれば多少は値段が高くても目的の本を見つけやすくなるのです。