古書流通の仕組みの変化

商売をする場合、小売店にとってはどのように販売するかが大きな課題です。 しかし古書店は、一般の小売店とは違って、売ることよりもむしろ、何をどうやっていくらで仕入れるのかといったことが最も重要な課題になります。 製造業者が作ったものを卸売業者が流通させる普通の商品では、店頭価格に差があるとしてもせ いぜい一割から二割の範囲です。出どころが同じなので、値切るにしても交渉できる範囲には限り があります。ところが古書など古物の場合、店によって何倍も違う値段で販売されていることも珍 しくありません。その理由は、古書の流通経路が複雑で、必ずしも古書市場などを経由して販売されているものばかりではないからです。

そうはいっても、かつては古書の価格設定の仕組みがある程度、きちんと機能していました。それが昨今では、新古書店とネット販売の価格差を利用したセドリによって、古書流通の仕組み自体が、大きく変化してしまいました。 古書の世界は広大な海のようなものです。そのため、どんな古書店であっても、うっかりその価値を見落として、相場以下の安い値を付けてしまうケースがたまにあります。とくに新古書店の場合は、「一般書の専門店」なのでちょっと変わった本やプレミアがつくような特殊な本が、驚くほど安い値で並べられていることも珍しくありません。 ここで在意すべきなのは、相場よりもはるかに低い値で店頭に出ているそうした本は、基本的にその店が得意とする品目以外のものがほとんどだということです。積極的に仕入れたものではなく て、たまたまほかの本に交じって買い取ってしまった類いの本にすぎないわけです。ですから、大 量にある可能性は、あまり期待できません。 セドリはいわば落ち穂拾いのようなものです。月に五万円から十万円程度の収入は見込めるでし ょうが、それを本業にするのはちょっとしんどいと思います。そもそも企業であれば、採算がとれ ないものとして切り捨ててしまうような部分です。十分にもうかるなら、店自身が従業員にセド リ的なスクリーニンググをさせるはずです。それをしないのは、人件費に見合うだけの利益にはつ ながらないと店が判断しているからです。