インターネットによる古本業界の変化

組合に加入していない古本屋で古本買取をして、地元の市場にだして利益をあげている業者がいます。さらにそれを落札した業者は、その古本を東京の市場に出品します。東京の市場で古本を手に入れた業者は、最後は大市に出品します。このようにして、古本は自然とあるべきところに落ち着いていました。昔はこのような古書流通の仕組みがはたらいていましたが、最近はだいぶ変化が見られます。

数十年前までは、市場での取り引き価格が古本の相場の参考にされていました。しかし現在は、ネットオークションや古本検索サイトが購入者にとっての相場となりつつあります。これにより、古本屋でも市場の値段と古本検索サイトの価格が業界の相場の目安だと考えられています。古本検索サイトはパソコンやスマートフォンがあれば誰でも手軽に見られるとても便利なサイトです。しかし、古本屋がインターネットの価格を相場として、自分の店の値段設定に反映することにはいくつか問題点があります。古本の価値はさまざまな観点で決まりますが、その本が持つ価値に見合った適正価格いうものがあります。インターネットでの相場が業界の常識となってしまうと、本の本当の価値というものが失われてしまうおそれがあるのです。